« ゆっくりのんびり | トップページ | シャキッと玉ねぎ天 »

2008年3月24日 (月)

シャキッと玉ねぎ天 つづき

モラタメから購入した、

     株式会社紀文食品

    『シャキッと玉ねぎ天』

タメし報告のつづきです。

     

restaurant 3月21日(金)深夜 夜食(?)

日付がかわる頃に帰宅したダンナに夜食を食べさせて
私は先に休んだのですが、
どうやら足りなかったらしくて、
勝手に焼いて食べちゃったそうです。coldsweats02

せめて、写真を1枚、
証拠に撮っておいてほしかったわん。bearing

しょうゆとマヨネーズと七味の組み合わせが最高~note
だったそうですが、

心ならずも・・
残り 2パックとなりました。

ちなみに・・
翌朝、起きてきたダンナから、
なぁ~んとなくさつまあげのにおいがして、
この事実が発覚したのでした。(笑)

restaurant 3月22日(土) 昼食 

シャキッと玉ねぎ天のパッケージに
「煮物にもどうぞ」とあったので、
今日は煮てみる事に。
でも、やっぱり・・このシャキッと感を残したくて、
出来上がったものは、ササッと温サラダ風です。

     2008_03230029

八兆味噌ベースの甘みそをつけて食べました。
これも美味しかったですよ。wink

シャキッと感は、焼いた時に比べると
少々弱くなりますが、
その分、さつま揚げのふわっと感が増します。

作り方
下処理したこんにゃくゆで玉子は、
水、砂糖、めんつゆ、酒、少量の昆布だしで、しっかり煮て、
味と色をつけましたが、
にんじん、新じゃが、ブロッコリー
それぞれ別々に電子レンジで加熱しました。
食卓に出す間際に、
シャキッと玉ねぎ天と野菜たちを
こんにゃくとゆで玉子の鍋に入れて、さっと温めたら完成です。

とうとう残りは1パックです。

restaurant 3月23日(日)昼食

さつま揚げも玉ねぎも、こんなに好きだったっけ?
と言うくらいダンナのお気に入りになった
シャキッと玉ねぎ天最後の1パックとなり、
「焼いて食べたい!」と
切望するダンナのリクエストに応えて、
オーブントースターで焼いてパスタのトッピングにしました。

     2008_03230032

基本はペペロンチーノですが、隠し味にお醤油を使っています。
ピーマンの細切りとゆでたほうれん草を一緒に炒め、
トッピングはシャキッと玉ねぎ天カイワレ温泉たまご
キムチ

特別に手をかけたものがないから、
お湯を沸かすところからでも所要時間20分くらいです。

シャキッと玉ねぎ天の甘みが辛さを和らげてくれます。
温泉たまごのとろ~りとした黄身の濃厚さも美味しい一品に
なりました。

毎日食べても飽きることなく
楽しくタメす事ができて大満足です。happy01

ごちそうさまでした~note

     

|
|

« ゆっくりのんびり | トップページ | シャキッと玉ねぎ天 »

モラタメ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« ゆっくりのんびり | トップページ | シャキッと玉ねぎ天 »