« なにげに | トップページ | at homeに行ってきました。 »

2011年12月11日 (日)

11日が来るたびに

3.11の震災後、
毎月11日が来るごとに、
あの日から何ヶ月・・福島は今・・
と、TVやラジオは話題にします。

そのたび、

私は、どうしようもなく空しくなって、
気が滅入ります。

なにか変わりましたか?

変わったのは、
福島の人たちが、
このやりきれなさに慣れてきたってこと
くらいじゃないかと私は思います。

福島県に接している、
茨城、栃木など他県産の野菜や果物も
風評被害で売れないといわれていますが、
ここ福島じゃ、
「福島県産じゃないんだから、
あなた達なら文句無く買うでしょ。」みたいに、
産地表示もないまま、
原発事故直後からずっと普通に売られていました。
何ヶ月も経って、
やっと表示が当たり前になっても遅いですよね。

40歳をすぎて結婚、
子どもができて、やっと幸せになった従兄弟は、
彼だけが仕事のためにこの地に残り、
奥さんと子供は沖縄に移住しました。
子どものために、
もう福島には戻ってはこないそうです。
仕事を辞めるか、定年退職にならないと
一緒に暮らせない家族って・・なんですか?

他県なら、大騒ぎで、
防護服をきた人たちが
よってたかって除染作業をするようなところでも、
ここでは、
「気になるんなら、あんたら勝手にやって・・」
って状態のままです。

私が、こんなやさぐれた記事を書くから、
Aさんも、
私が喜びそうなものを贈ってくれたり、
心配かけちゃって、申し訳ないなぁ~と
思ってはいるのです。

が、

今までも、これからも被爆し続け、
子どもだけじゃなく大人だって、
不安をかかえて生きていかなくちゃいけない代償が、
子供・妊婦は40万円、大人は8万円って・・それなに?
なぜ、加害者が上から目線で金額を決めるんですか?

そんなもんいらない! 

だから、

これからの不安・・

放射線被爆や、それらに伴うストレス障害など、

福島県民に覆いかぶさっているものを取り去って、
私達の未来を、健康を、しっかり保障してください。

|
|

« なにげに | トップページ | at homeに行ってきました。 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



« なにげに | トップページ | at homeに行ってきました。 »